注意すべき具体的な混乱防止の規則と規制

ディスポーザブル・プロテクションは、航空会社による変更・キャンセルに備えるための独自の有料サービスです。飛行機、バス、電車などの交通手段を含め、すべての旅程にご利用いただけます。ディスラプション・プロテクションに加入していない場合でも、ご出発の1時間前以降に発生した自己都合による旅程の変更をカバーするトランスファープロテクションをご利用いただくことで、直前の変更からお客様をお守りします(詳細はご利用規約第10.4条をご覧ください)。この記事でディスラプション・プロテクションに言及するときはいつも、同じルールがトランスファー・プロテクションにも適用されることを知っておいてほしい。 

請求権に関する具体的なルールは以下のとおりです。

  • ディスラプション・プロテクション・プレミアムでは、お客様が代替旅程または払い戻しを選択された場合、お客様は運送業者に対する運送に関連するすべての払い戻し請求を当社に譲渡するものとします。原則としてお客様がすでに補償を受けている場合は、代わりに払戻しを請求し、それを保管する権利を弊社に付与するものとします。ディザクショプロテクション・ベーシックでは、フライトがキャンセルされた際にKiwi.comクレジットによる即時補償を選択された場合、キャンセルされたフライトに関する航空会社への払い戻し請求を当社に譲渡することになります。
また、混乱防止が適用されないケースもある。以下の制限事項をご確認ください。 

  • 本運賃の完成に関与する第三者の業務に影響を及ぼすような特別な状況においては、混乱保護は適用されない。このような状況の例として、航空会社や空港の業務に影響を与えるストライキ、空港・バス停留所・鉄道駅に影響を与える重大な制限、倒産、機材の50%の使用が打ち切りになった場合などが挙げられます。特に別段の合意がない限り、このような場合、お客様はディスラプション・プロテクションの対象外となり、当社はお客様にその履行を提供する義務を負いません。
  • パスポートが旅行期間中有効であることを確認し、航空会社、出発国、経由国、目的国のいずれであっても、必要なビザ、予防接種の証明、または書類を提出することはお客様の責任です。正しい有効な書類で渡航していることを確認できず、フライトへの搭乗や目的地への入国が許可されなかった場合、障害プロテクションの対象とはなりません。 
  • ディスタンブル・プロテクションは、旅行先や連絡先の詳細を変更した場合には適用されません。 航空会社を通じて直接を変更した場合は補償の対象外となります。例えば、航空会社を通じて、自己乗り継ぎで乗り継ぎ時間が短い旅程に受託手荷物を追加したとする。乗り継ぎがあり、乗り継ぎ時間が短い旅程の場合.乗り継ぎ時間が短すぎて、次のフライトのために手荷物を受け取ることができなかった場合、ディスラプション・プロテクションは適用されない。
ディスラプション・プロテクションの詳細については、以下をご確認ください。 利用規約第10項.

この記事は役に立ちましたか?